UスタイダンVol.2 Batch(バチ)氏

ページ番号1001238 

印刷大きな文字で印刷

テーマ

アーティストが今出来ること

写真1

浦安は元々漁業の街。そんな元町で生まれ育った築地魚河岸三代目ミュージシャン“batch”をゲストに、暑っ苦しい男三人(笑)が語り合います。3.11震災直後の収録ということで「アーティストが今できること。」がテーマです。

プロフィール

浦安生まれの浦安育ち。
築地魚河岸三代目
シンガーソングライター。
男性2人組アコースティックユニット「蒼音(ソウオン)」vo/gtとしてデビュー。
※現在活動休止中。
ソロにて都内・浦安市内のバーで不定期的なライブ活動を行う。
浦安貝類加工協同組合青年部:青友会役員。築地市場 魚市場駿台会役員。

海と音楽をこよなく愛する男

洋一郎:今回のUスタイダン。二回目のゲストは生まれも育ちも浦安。そして海の仕事をしている人は、浦安には多いのですが、海の男。シンガーソングライターbatch君に登場して頂きます。
石岡:よろしくお願いします。普段はミュージシャンとして活躍している一方で、築地魚河岸三代目の仕事もしてるんですよね。海の男ですよ。すごいです。
batch:いやいやとんでもない。本日はよろしくお願いします!!

3.11その時どこで…

洋一郎:さて今日は4月6日ですが、3月11日に東日本大震災が起きましたね。
石岡:いやぁ、この地震は衝撃ですよ。
洋一郎:ニュースは被害のひどかった宮城、福島を中心に情報発信していますが、浦安も大きな被災を受けてるんですよね。3月終わりくらいから、浦安もニュースで流れるようになってきました。
石岡:被災により、3月、4月のUスタイルライブも中止になりましたしね。
洋一郎:ライブは中止になりましたが、「人と人」、「街と街」をつないで行くこのUスタイルの火は消さないぞと。
石岡:そうですね。頑張って行きましょう!!
洋一郎:それで今日は、浦安の被災から僕たちが出来ることを話して行きたいと思います。まずはゲストのbatch君。地震のときはどこに居ました?
batch:築地の仕事が終わって、家でちょうど一家四人揃っていた時に、地震が来ましたね。上の子供なんか寝てたし。
洋一郎:子供は泣いて騒いで大変だったんじゃないの?
batch:いいや、ガン寝(笑)
石岡:子供は揺れること自体が怖いことって解らないからねぇ。周りの大人が怯えてるのを見て、始めて怖がるらしいよ。
洋一郎:いっしー(石岡)は何してました?
石岡:私は関東に居なかったんですよ。で、電車、新幹線止まっちゃったから、浦安に帰って来たのが五日後。家とかすごい心配でしたね。洋一郎さんは?
洋一郎:実は家で昼寝してたんですよ(笑)で、起きてとりあえず、テレビが入っている棚が高価な物が多いんで。必死で棚を押さえてました。
石岡:それって棚が倒れてきたら危ないですよ。でも何も無くて良かったですね。
batch:まずは震源地を調べるためにテレビをつけて。もう津波の映像とか衝撃的で。

あまり報じられていなかった浦安の被害

写真:対談のようす1

石岡:私も情報を得て、東北の状況は解ったんだけど、浦安の状況がまったく解らなくて。浦安に帰ってきて、始めて浦安の被害を知りましたから。
洋一郎:東北の被害が甚大なだけに、もちろん浦安の被害は軽く見えるわけで。その中で、浦安の被災地の人たちが、どんな生活をしているか、見えずらいところはありますよね。
石岡:でも、このUスタイルのメンバーは、自分たちで見て話しを聞くことが出来ます。
洋一郎:そうですね。そして、どんどん発信して行きたいですよね。
石岡:浦安市内でも元町と他地域※で被害が全然違ったんですよね。batch君は元町地区ですよね。

浦安市は、下のように区分けされています。
元町:埋め立てによって市域が拡大する前からあった「もともとの町」
新町:昭和47年から着工された第2期埋立事業で新たに造成された地域
中町:昭和39年からはじまった海面埋立事業により新しく誕生した地域
工業ゾーン:鉄鋼団地などの工業地域
アーバンリゾートゾーン:東京ディズニーリゾートやリゾートホテル群が建ち並ぶ舞浜地域

batch:そうですね。元町はほとんど被害が無かったですね。
石岡:浦安は元町と新町方面で、もともと住民の意識の差がありますよね。今回の地震で同じ市民でも被害の差が大きく、この意識の差ってどうなるんでしょうかね。

次のページ

このページに関するお問い合わせ

街角ライブ&コミュニケーションUスタイル(市民プラザWave101)
〒279-0012 千葉県浦安市入船一丁目4番1号イオンスタイル新浦安4階
電話:047-350-3101(市民プラザWave101) ファクス:047-350-0796